[UE5.4.2] Editor Revision Control Helpersが追加されてUE5のBrueprint上でチェックインができるようになったみたい!

Checkout AssetとCheckout Directoryは前からあったが。

Editor Scripting
Asset
f Checkout Asset
f Checkout Directory
Editor Revision Control Helpers
f Check in File

1つのファイルをPERFORCEにチェックイン=アップロード+読み取り専用へ

f Check in Files

複数のファイルをPERFORCEにチェックイン=アップロード+読み取り専用へ

f Check Out File

1つのファイルをPERFORCEにチェックアウト=自分だけ書き込み許可

f Check Out or Add File

1つのファイルをPERFORCEにチェックアウトまたはファイルを追加+自分だけ書き込み許可

[UE5.4] Blueprint でのGet Editor Property とSet Editor Propertyのプロパティ名はPythonとは違った件。

今回の場合

https://docs.unrealengine.com/5.2/en-US/PythonAPI/class/StaticMesh.html

から引用すると

asset_import_data (AssetImportData): [Read-Write] Importing data and options used for this mesh

の場合

Pythonでは、「asset_import_data

Blueprintでは「AssetImportData」だ。

だれもそこんところ教えてはくれないぜ笑

[UE5]LookAtとKawaiiPhysicsで突き抜けないスカートができたよ。ボリュームのあるスカートをKawaiiPhsicsで揺らす

Animブループリント系のLookAtを左右足と対応するスカートのボーンに設定する。

スカートのボーンの向きによるが、LcokAtの矢印が膝にくるように設定したら完成したよ。

走った感じ

作業の様子

参考URL

https://docs.unrealengine.com/4.27/ja/AnimatingObjects/SkeletalMeshAnimation/NodeReference/SkeletalControls/LookAt

管理者用zip

https://drive.google.com/file/d/1y9-PM9VpUy1HCVeuKxWDzk1qEIFJjmoS/view?usp=sharing

[UE5.3]第21回UE5ぷちコン テーマ「おす」題名「下痢ゲー2」で使った技術とexeダウンロード

Technology used in the 21st UE5 Petit Con theme “Osu” title “Diarrea Game 2”

windowsBuildをアップしました。ぜひプレイしてみてください。
▼furcraeaTokyo_GeliGa2_Windows2.zip

https://drive.google.com/file/d/18n38Hj44_s3AVEObuP43kYCyn5T4Gb_k/view?usp=sharing

MetaHumanでサードパーソンテンプレートBPを乗っ取り。

【UE5】サードパーソンテンプレートのBPを乗っ取るまで【備忘録】

テーマ「おす」のために腕をIKで構えさせる

【第6.5回】武器を持たせる・IKで構えさせる

Idle時にお腹が痛いアイドル、Run時に上半身:お腹が痛い+下半身:走り

Blend Poses by boolを使用してIdle時とRun時で分岐させる

押すBoxを見つける

[UE4] プレイヤーを検知する敵キャラクターを作る

https://historia.co.jp/archives/25062/

[Daz3D][Maya][Marvelous Designer] Das3D 4.22 Genesis9をMaya2022に持ってきてMarvelous Designerの服をスキニングしてコピースキンウェイトしたVol.02(まとめ)

このノード状態がキレイなので「bindPose1が一つだけ」キープしながらモデリング編集すること。

Genesis9 やったこと

—————————————-ここからはモデリングとする。——————————————–
Das3D 4.22 のGenesis9を
Maya2022に持ってきて

duplicateでスキンバインド外し=複製して
meshGroupのグループに
・genesis9のまつ毛や口のレイヤーも入れる(skinCluster初めから無いので)
・Marvelous Designerの服レイヤーも入れる
・highheelレイヤーも入れる
highheelの高さにhipとmeshGroupをmoveする。(オプション)
↑高さはBluePrintで変更可能

—————————————-ここまではモデリングとする。——————————————–

新しい方の骨とmeshGroupでバインド
↑ちゃんとしたバインドオプションが重要
cmds.skinBind()引数なしじゃclusterがダメ
genesis9からcopySkinWeightした

モデル編集後ファイル (自分用リンク)」

jennie9_6_v12z_v00122_dupGen9_Kihon.zip

#jennie9_6_v12z_v00122_dupGen9_Kihon__ModelEnd_SkinBindSkinWeight.py

def startSelectionToNewSkinCluster():
    selectList=cmds.ls(sl=1,long=1)
    print("selectList= "+str(selectList))
    # 全部必要だから引数にした
    Genesis9 = selectList[0]
    Genesis9_Mesh = selectList[1]
    Genesis9s = selectList[2]
    MeshGroup = selectList[3]
    #------------------------------------------------------------------------
    ModelEnd_SkinBind(Genesis9s,MeshGroup)
    ModelEnd_SkinWeight(Genesis9,Genesis9_Mesh,Genesis9s,MeshGroup)
    #------------------------------------------------------------------------
    
def ModelEnd_SkinBind(Genesis9s,MeshGroup):
    
    cmds.select(Genesis9s,MeshGroup)
    #MEL  (Script found in: C:/Program Files/Autodesk/Maya2022/scripts/others/newSkinCluster.mel)
    #newSkinCluster " -bindMethod 0  -normalizeWeights 1 -weightDistribution 0 -mi 3  -dr 4 -rui false -ihs , multipleBindPose, 0";
    
    #Python でMEL実行
    import maya.mel
    maya.mel.eval('newSkinCluster " -bindMethod 0  -normalizeWeights 1 -weightDistribution 0 -mi 3  -dr 4 -rui false -ihs , multipleBindPose, 0";')
    
    #Python  NG  'maya.cmds' has no attribute 'newSkinCluster' # 
    #cmds.newSkinCluster(" -bindMethod 0  -normalizeWeights 1 -weightDistribution 0 -mi 3  -dr 4 -rui false -ihs , multipleBindPose, 0")

    #import pymel.core as pm #OK
    #pm.mel.newSkinCluster(" -bindMethod 0  -normalizeWeights 1 -weightDistribution 0 -mi 3  -dr 4 -rui false -ihs , multipleBindPose, 0")
def ModelEnd_SkinWeight(Genesis9,Genesis9_Mesh,Genesis9s,MeshGroup):
    
    Genesis9_Low_skincluster = Get_SkinCluster(Genesis9_Mesh)
    print("Genesis9_Low_skincluster= "+str(Genesis9_Low_skincluster))
    
    MeshList = cmds.listRelatives(MeshGroup,shapes=0,fullPath=1)
    print("MeshList= "+str(MeshList))
    
    for closet_mesh in MeshList:
        closet_skinCluster = Get_SkinCluster(closet_mesh)
        print("closet_skinCluster= "+str(closet_skinCluster))
        
        # 元のスキンクラスターを服のスキンクラスターへコピースキンウェイト
        cmds.copySkinWeights(
            sourceSkin = Genesis9_Low_skincluster,
            destinationSkin = closet_skinCluster,
            noMirror=True,
            influenceAssociation="oneToOne",
            surfaceAssociation="closestPoint"
        )
    
def Get_SkinCluster(LowMeshTransformLong):
    # トランスフォームのシェイプノードを取得
    shapeList = cmds.listRelatives(LowMeshTransformLong, shapes=True, noIntermediate=True,fullPath=True)
    #print("shapeList= "+str(shapeList))
    # lowのヒストリーを取得し、スキンクラスターのみ取得
    historyList = cmds.listHistory(shapeList[0], pruneDagObjects=True, interestLevel=2)
    #print("historyList= "+str(historyList))
    skinclusterList = cmds.ls(historyList, type="skinCluster")
    #print("skinclusterList= "+str(skinclusterList))
    skincluster = skinclusterList[0]
    #print("skincluster= "+str(skincluster))
    return skincluster
    
startSelectionToNewSkinCluster()

完成ファイル (自分用リンク)

jennie9_6_v12z_v00127_Mouse_SW_Take2OK_Kihon_UE532ExportEnd.zip

UE4 きれいなグラデーションの虹色のレインボーのマテリアルが作りたい

正解はtexCoordの応用だった。

texCoordを縦のグラデーションと横グラデーションに分け

値をLerpのAlphaにつないでお好きな色をA,Bにつなぐ。

2つ作ってMultplyして縦横グラデーションになるようにMIXした。

さらに回転させたい

下の部分が見切れていたので追加しました。

参考

UE4]UMGで使えるでシンプルなグラデーションを作 …historia.co.jp

https://wgld.org/d/glsl/g008.html

https://wgld.org/d/glsl/g010.html

[UE5] SubSystemの種類

https://docs.unrealengine.com/4.26/ja/ProgrammingAndScripting/Subsystems/

このページにもあるがUE5には多くのサブシステムがあるみたい。
もうちょっと前からあったみたいスクショは4.25.4。

全部BluePrintからアクセスできる。

・ただでさえ入り組んだクラスにさらに API を追加しなくてすむ。

とあるように、中にはすごいAPIがたくさん詰まってる。

できないと思ってたことができることもある。

ここにあるだけで

EngineSubsystem 

EditorSubsystem 

GameInstanceSubsystem 

LocalPlayerSubsystem 

AssetEditorSubsystem

で肝心のAPIが

BrushEditingSubsystem

EditorUtilitySubsystem

で肝心のAPIが

ImportSubsystem

LayersSubsystem

MoviepipelineQueueSubsystem

PanelExtentionSubsystem

AssetTagsSubsystem

AutoDestroySubsystem

LandscapeSubsystem

ObjectTraceWorldSubsystem

参考URL

https://www.docswell.com/s/EpicGamesJapan/KY18EZ-UE4_AllStudy04_Subsystem#p1

アンリアルクエスト5で勉強したProcedural Meshでオブジェクトを切るについて

プロジェクトのサンプルはアンリアルクエスト5のプロジェクトを使いました。

https://historia.co.jp/unrealquest05 のDiscordから #プロジェクトデータ配布のチャンネルからDLできます。Discordサーバーが消えた場合はあとで考えます。

使用バージョンは
UE5.2.0

切られるオブジェクトを用意する

ブループリントクラス>Actorで作成します。

名前はBP_ProceduralMesh_Actor としました。

作成したブループリントを開き

DefaultSceneRootの下に

ProceduralMeshとCubeまたはキューブを追加します。

Cubeコンポーネントの設定

M_Procedralというマテリアルを作って

/Game/UnrealQuest5/Props/LevelPrototyping/Meshes/SM_Cubeをコピーしてきて
CubeコンポーネントのスタティックメッシュをSM_Cubeに変更

コピーしてきたSM_Cubeの設定を行います。

AllowCPUAccess にチェックを入れてCPUからでもメッシュ情報にアクセスできるようにします。

Procedural Meshコンポーネントの設定
Procedural Meshコンポーネントの Use Complex as Simple Collisionのチェックを外します。

コンストラクタのノードを設定する
ProceduralMeshに対してCube情報をコピーしてCubeコンポーネントを削除します。

コピーしてきたレベルに作成したBPをおいてみました。

BP_UQ5_Playerを開いて

BladeMeshのOnConponentBeginOverlapをクリックしてノードを作ります。

これ動くのSet Simulate Physics だけだったので、結局

ファーストパーソン を追加

/Game/FirstPerson/Blueprints/BP_FirstPersonProjectile をコピーして

BP_ProceduralBulletとする

On Component Hit をこのように改造する

BP_UQ5_PlayerにBullet_Spawnのカスタムイベントを追加

通常攻撃をコンボにカスタムしてあるけど、こんな感じでSequenceでBullet_Spawnを呼ぶ

BP_ProceduralBulletの当たり判定がデカくなるようにスケールをデカくした

できたのがこちら

アンリアルクエスト5のDiscordでこのページを見た兎月さんがもっとすごい実装方法をしていたので許可を頂いたので、こちらに張らせていただきます
https://uq5.netlify.app/UE5-1-1_Cut_with_a_blade.png

兎月さんに感謝!できたのがこれ。

きもちいですねカットした法線どおりに切れると!

参考サイト

SkeltalMeshをカット?
https://www.unrealengine.com/marketplace/en-US/product/slice-skeletal-mesh-vr?sessionInvalidated=true